将来のために資産運用を始めたいという方におすすめの投資法が、積立投資です。

積立投資は、定期的に資金を積み立てていく投資法です。例えば、ドルコスト平均法のように、毎月1回、10,000円を決まった投資信託に投資をしていくような方法ですね。

投資と聞くと、難しそうなイメージが付きまといますが、積立投資は、定期的に金融商品を購入していくだけというシンプルな方法なため、誰でも簡単に始めることができます。投資初心者の方にもピッタリの投資法なのです。

積立投資のメリットとデメリット

積立投資のメリット

少額から始められる

投資を始めるには、まず、まとまった額の投資資金を準備する必要があるように思ってしまいますが、積立投資の場合は、少額から始めることができるので、お小遣い程度の金額があれば十分です。

投資信託なら、10,000から購入できるのが、一般的ですし、ネット証券の中には、100円から購入できるところもあります。思い立ったら、今すぐにでも始めることができるのが、積立投資の良いところですね。

誰でも簡単にできる

積立投資は、定期的に金融商品を積み立てていくだけという超シンプルな投資法です。そのため、難しい知識やテクニックは必要ありません。

株式投資やFXのデイトレードであれば、チャートとにらめっこしながら、高度な分析をする必要がありますが、積立投資は、ただ積み立てていくだけの投資法です。積み立てる金融商品さえ決めれば、あとは、定期的に購入していけばいいだけですので、始めるまでのハードルが非常に低いと言えます。

時間の分散ができる

積立投資は、定期的に積み立てていく投資法のため、金融商品を購入するタイミングを分散できるというメリットがあります。

時間の分散というのは、非常に重要な考え方です。時間を分散することで、リスクを抑えながら、安定的なリターンを得ることができます。

一括投資の場合は、購入するタイミングや売却するタイミングが非常に重要になります。高値掴みをしてしまえば、いつまで待っても利益が出ることがないかもしれませんし、大損を被る可能性もあります。しかし、積立投資の場合は、定期的に購入することになるので、このような危険性が少なくなります。大損をする危険性が低いという点は、積立投資の大きなメリットです。

また、定期的に購入するということは、購入するタイミングにこだわる必要がないということなので、難しいことを考える必要がなく、変なストレスを感じなくて済みます。これも、時間の分散によって得られるメリットのひとつと言えるでしょう。

積立投資のデメリット

コストがかさむ可能性がある

積立投資を行う際に注意しておかなければならないのが、コストです。

例えば、投資信託で積立投資を行う場合であれば、定期的に投資信託を購入することになるため、その分、販売手数料がかかることになります。ただし、この点については、販売手数料がかからないノーロードファンドも多いので、あまり気にする必要はないと思います。

より注意が必要なのは、信託報酬です。信託報酬は、投資信託を保有している間、ずっと負担しなければならないコスト。積立投資の場合は、長期的な運用が前提となりますので、保有期間も長くなり、それだけ信託報酬を負担することになります。そのため、投資信託で積立投資を行う場合には、できるだけ信託報酬が低いものを選ぶことが、非常に大事になってきます。

投資信託は積立投資にピッタリ

積立投資にピッタリの金融商品が、投資信託です。投資信託なら、10,000円から購入できるのが一般的ですし、証券会社の積立投資サービスを利用すれば、毎月1,000円や500円といった超少額から投資ができます。

しかも、インデックスファンドなら、販売手数料がかからないノーロードファンドが当たり前ですし、信託報酬も低いので、コストを抑えることもできます。

投資を始めたい、投資信託を購入してみたいという方は、投資信託を用いた積立投資で資産運用を始めてみると良いと思いますよ。