投資信託は、証券会社の他、銀行や郵便局等で購入できます。初めての方であれば、どこで購入できるかさっぱり分からないといった感じだと思いますが、銀行や郵便局等、実は、身近なところで買うことができるのです。

身近なところで購入できるので、案外始めるハードルというのは高くないのですが、どこでも買えるからといって、どこで買ってもいいと考えるのは良くありません。

確かに、同じ投資信託であれば、どこで買っても運用成績は同じなのですが、購入時に必要になる販売手数料は、それぞれの販売会社によって異なります。同じ投資信託を買うのであれば、手数料の安い販売会社から買うのが鉄則。

また、販売会社によって、取り扱っている投資信託も異なりますし、サービスも異なりますので、販売会社選びもおろそかにはできません。

投資信託の主な販売会社

証券会社

これまで投資をしたことがないという方にとっては、敷居が高い存在であろう証券会社。当然のことながら、投資信託を扱っています。

証券会社から投資信託を購入するメリットとしては、やはり、扱っている投資信託の豊富さとその道のプロに相談をできる点でしょう。アドバイスを受けながら、豊富な投資信託の中から投資先を決められるというのは、証券会社から購入する大きなメリットです。

しかし、販売手数料が高めなのと、手数料が高めの投資信託を勧められることもあるので、注意が必要です。

銀行

普段利用している銀行でも投資信託を購入することができます。また、ゆうちょ銀行の店舗の他、郵便局の中にも、投資信託を扱っている店舗もあります。

銀行や郵便局で投資信託を購入するメリットとしては、投資信託を購入する際の資金移動が便利な点が挙げられます。いつも利用している銀行であれば、普段利用している口座のお金から投資信託を購入できます。

また、証券会社のように担当者に相談できるのもメリットのひとつでしょう。

逆に、デメリットとしては、取り扱っている投資信託が少ない点、担当者のレベルに偏りがある、販売手数料が高いという点が挙げられます。

中でも注意しなければならないのが、担当者です。担当者にも当たりはずれがあります。証券会社でも同じことが言えるのですが、銀行や郵便局では、なおさらです。

知識が乏しいだけならまだしも、販売手数料の高い投資信託を勧める傾向にあるので、注意しましょう。投資信託を買うのが初めてだからといって、何の知識も持たずに窓口に行くと、いいようにカモにされてしまいます。もちろん、すべての銀行や担当者の方に該当する訳ではありませんが、すべてを担当者任せにするのは止めましょう。

ネット証券

ネット証券は、インターネット上で取引をする証券会社の店舗です。今の時代、個人投資家の大半が利用しているのが、このネット証券です。

ネット証券のメリットは、取り扱っている投資信託が豊富な点と販売手数料が安いという点、更には、インターネットに接続できれば、いつでもどこでも手軽に購入できるという点です。また、ネットバンクとひも付けされているネット証券を利用すれば、銀行と同じように資金移動も便利です。ネットバンクの口座に預けていれば、わざわざネット証券の口座に資金を移し替える必要はありません。

デメリットは、担当者に相談することができない点でしょうか。当然のことながら、購入する投資信託は、自分で調べて決める必要があります。とは言っても、投資をするのにすべてを人任せにするのは、あまりに危険です。どこで買おうが、ある程度の知識は必要になります。証券会社であろうが、銀行であろうが、ネット証券であろうが、最低限の知識は必要です。捉えようによっては、担当者にカモにされないだけメリットとも言えるかもしれません。

おすすめは手数料が安く利便性が高いネット証券

これから投資信託を始める方には、ネット証券がおすすめです。

ネット証券なら、わざわざ店舗に出向く必要がなく、いつでも家で取引ができます。手数料も安いので、コストを最低限に抑えることもできます。

ネットバンクを利用している方なら、利用しているネットバンクとひも付けされたネット証券を利用しましょう。楽天銀行を利用している方なら楽天銀行、住信SBIネット銀行を利用している方ならSBI証券がおすすめ。ネットバンクに預けているお金を使って、ネット証券で取引ができます。

投資信託に限ったことではありませんが、投資と言えば、ネット上で行うのが、今の時代の常識となっています。これから投資信託を始めようと考えている方は、とりあえずネット証券口座を開設しましょう。