投資信託で得ることができる利益には、2種類あります。譲渡益分配金です。

譲渡益

譲渡益は、保有している投資信託を売却する際に得られる利益のことです。売却益と言った方が分かりやすいかもしれません。要は、安く買って高く売った時に得られる利益ですね。

例えば、基準価額が10,000円(1万口あたり)の投資信託を、1万口購入して、基準価額が11,000円(1万口あたり)の時に解約すれば、得られる譲渡益は、1,000円となります。

実際には、手数料や税金がかかりますので、単純に、譲渡益が1,000円とはなりませんが、手数料や税金を考慮せず単純化して説明すると、このような感じになります。

分配金

分配金とは、投資信託の運用によって得られた利益の一部から、投資家に還元される金額のことを言います。譲渡益のように、投資信託を解約した際に得られるのではなく、投資信託を保有していれば、投資信託の決算後に受け取ることができます。

分配金が出るかどうかは、投資信託によって異なります。いくら利益が上がっていても、分配金をまったく出さない投資信託もありますし、年1回出す投資信託も、毎月出す投資信託もあります。

一見、分配金は、もらえる方がお得と思いがちなのですが、注意しなければならないのは、分配金も、投資信託の純資産総額の一部だという点です。分配金が出れば、その分、基準価額は下がります。分配金が出ない投資信託の方が、基準価額は高くなりますので、解約する際の譲渡益は大きくなると考えられます。

投資信託の分配金については、よく議論がなされるところではあるのですが、分配金が出る方がお得ということではないので、注意しましょう。

トータルリターン

譲渡益と分配金の合計額が、投資信託から得られる総利益となります。いわゆるトータルリターンです。厳密に言うと、投資信託のトータルリターンは、以下の計算式で求められます。

トータルリターン=現在の評価金額+累計解約金額(信託報酬、信託財産留保額差引後)+累計受取分配金額(税引後)-累計買付金額(販売手数料含む)

おそらく、これだけを見てもさっぱり分からないという方が大半ではないでしょうか。投資信託には、複数の手数料がかかりますし、税金もかかりますので、トータルリターンを算出しようと思うと、非常に複雑になってしまいます。

そこで、2014年12月1日から、トータルリターン通知制度というものがスタートされました。この制度により、投資信託の販売会社は、年1回以上、投資家に対して、投資信託のトータルリターンを通知することが義務付けられました。

トータルリターンを計算してみよう

以下の条件下で、100万口購入して、全額を解約した場合のトータルリターンを考えてみましょう。

  • 購入時基準価額…10,000円(1万口あたり)
  • 解約時基準価額…11,000円(1万口あたり)
  • 販売手数料…0.1%
  • 信託財産留保額…0.2%
  • 保有期間中の分配金の合計額…10,000円(税引き後)
  • 税率…20.315%

まずは、譲渡益を計算してみましょう。

購入時に支払った金額は、1万口あたりの基準価額が10,000円の投資信託を100万口購入したのですから、10,000円×100万口÷1万口=1,000,000円となります。

更に、この投資信託の販売手数料は、0.1%ですので、基準価額10,000円×0.1%×100万口÷1万口=1,000円となり、手数料を含んだところの購入時に支払った金額の合計は、1,000,000円+販売手数料1,000円=1,001,000円となります。

解約時には、信託財産留保額が0.2%かかりますので、{11,000円-(11,000円×0.2%)}×100万口÷1万口=1,097,800円を受け取ることになります。

そして、税額は、解約時に受け取った1,097,800円と購入時に支払った1,001,000円との差額である譲渡益96,800円に対してかかることになりますので、96,800円×20.315%=19,665円となります。

結果、譲渡益96,800円-税金19,665円+分配金10,000円=87,135円がトータルリターンとなります。