ここでは、投資信託のメリットとデメリットについて、まとめています。

投資初心者の方にピッタリな投資信託ですが、デメリットとして認識しておくべき点もあります。投資信託を購入する前に、メリットとデメリットについて、しっかり理解しておきましょう。

投資信託のメリット

投資信託には、以下のようなメリットがあります。投資信託という言葉の響きから、なんとなく難しそうなイメージを受けてしまいますが、実際はそんなことはなく、投資初心者の方にこそ利用してもらいたい金融商品です。

  • 少額から始めることができる
  • 運用をプロに任せることができる
  • 手軽に分散投資ができてリスクを抑えられる
  • 世界中のあらゆる資産に投資ができる

少額から始めることができる

投資信託の特徴は、何と言っても、少額から購入することができるという点。株式投資の場合は、ある程度まとまった金額が必要になりますが、投資信託の場合は、一般的に、10,000円から、証券会社の投信積立サービスを利用すれば、たった500円からでも投資ができます。

運用をプロに任せることができる

投資信託を購入すれば、購入した分の金額は、投資のプロであるファンドマネージャーが運用してくれます。だから、詳しい投資の知識がなくても大丈夫。もちろん、投資のプロだから、100%利益が出るという訳ではありませんが、投資初心者の方でも、簡単に投資を始めることができるというメリットがあります。

手軽に分散投資ができてリスクを抑えられる

手軽に分散投資ができるのも、投資信託の大きな特徴です。投資の世界では、よく「卵はひとつのかごに盛るな」と言われます。投資先を集中させておくと、失敗した時に全財産を失いかねないため、そのような資産運用はするなという意味です。要は、資産の投資先を分散しろということ。投資信託は、少額から購入できますし、投資先も様々。

日本の株式に投資する投資信託もあれば、世界中の先進国、新興国の株式に投資しているものもあります。また、株式だけでなく、債券や不動産コモディティという様々な商品に投資している投資信託もありますので、投資信託を購入するだけでも、手軽に分散投資が可能になります。

世界中のあらゆる資産に投資ができる

世界中の資産に投資ができるのも、投資信託のメリット。投資信託は、投資のプロが、大勢の投資家のお金を集めて、様々な資産に投資をします。そのため、通常は、個人レベルでは、投資をすることができないような、世界中のありとあらゆる資産に投資ができるのです。

投資信託のデメリット

  • コストがかかる
  • 元本保証がない

コストがかかる

投資信託の最大のデメリットと言えば、コストがかかる点でしょう。投資信託には、いくつかの手数料があります。株式投資の場合は、売買をする際に、手数料がかかるだけですが、投資信託の場合は、保有しているだけでも手数料がかかってしまいます。

投資信託の主なコストには、以下のものがあります。

  • 販売手数料…購入時にかかる費用
  • 信託報酬…保有中ずっとかかる費用
  • 信託財産留保額…解約時にかかる費用

コストがどれだけかかるかは、それぞれの投資信託によって大きく異なります。販売手数料や信託財産留保額については、一切かからないものもあります。ですから、投資信託を選ぶ際には、できるだけコストが低いものを選ぶのが鉄則です。

元本保証がない

投資信託には、元本保証がありません。投資信託は、銀行預金のように、元本が保証されている金融商品ではないので、元本割れで損をする危険性もあります。もちろん、リスクが大きいからこそ、得られるリターンも大きいのですが、損をする危険性については、あらかじめ認識しておく必要があります。