投資信託は、たくさんの投資家から集めたお金を運用のプロであるファンドマネージャーが、株式や債券等に投資をして運用する金融商品です。

投資家が投資信託を購入することによって、たくさんの資金が集められますが、このお金を元にいろいろなものに投資をして運用されるのが、投資信託。ということは、たったひとつの投資信託を購入したとしても、投資信託を通して、いろいろなものに投資をすることができるということになります。株式投資のように、ひとつの銘柄=ひとつの会社ではないということですね。

また、運用するのが投資家自身ではなくファンドマネージャーというのも投資信託ならではの特徴です。ファンドマネージャーというのは、いわば、投資のプロ。つまり、投資信託を購入すれば、その運用については、投資のプロにお任せできるということです。そして、投資のプロが運用した結果生まれた利益が、投資額に応じて、還元されるということになります。

自分のお金の運用をプロに任せられるのですから、投資信託は、投資初心者の方にピッタリと言えます。

更に、投資信託は、まとまった投資資金を必要としません。一般的には、10,000円から購入することができ、証券会社や銀行の投信積立サービスを利用すれば、毎月500円や1,000円といった金額からでも投資を始めることができてしまうのです。

預金とは違って、元本割れのリスクもありますが、投資信託は、投資デビューにはもってこいの金融商品と言えますよ!

投資信託の仕組み

投資信託には、販売会社、委託会社、受託会社という3つの機関によって運営されています。

  • 販売会社…投資信託を販売する(証券会社、銀行、郵便局等)
  • 委託会社…資産を運用する(運用会社)
  • 受託会社…資産を保管、管理する(信託銀行)

私たちは、証券会社や銀行といった販売会社から投資信託を購入しますが、実際に資産を運用するのは、販売会社ではありません。販売会社は、あくまでも、投資信託を販売する窓口です。資産の運用は、委託会社(運用会社)が指図をして、受託会社(信託銀行)が行います。実際に、運用のプランを立てるのは、委託会社(運用会社)で、受託会社は、そのプラン通りに、株式や債券に投資をしていきます。

そして、投資の成果によって得られた利益は、最終的に、投資家の元に還元されるという仕組みになっています。

投資信託にもいろいろな種類がある

投資信託と一口に言っても、非常に多くの銘柄があります。初心者の方は、いざ投資信託を買おうと思っても、あまりにもたくさんあり過ぎて、何を買えばいいのかさっぱり分からないはずです。

それぞれの投資信託は、投資家から集めた資金をただ闇雲に運用している訳ではありません。あらかじめ投資先や投資を行う方針が定められています。株式に投資する投資信託もあれば、債券に投資する投資信託もありますし、比較的安全な運用を目指す投資信託もあれば、できるだけ大きな利益を求めてガンガン攻めていくタイプの投資信託もあります。

投資信託さえ購入してしまえば、自分の資産はプロが運用してくれますが、逆に言えば、自分の資産を運用してくれるプロを選ぶのは、私たち投資家の仕事です。要は、投資信託でお金を増やそうと思ったら、投資信託選びが超重要ということ!

投資信託についての正しい知識を身に付けて、数ある投資信託の中から、自分に合った投資信託を見つけてみましょう。