証券会社に口座を開設する際には、特定口座一般口座かを選択する必要があります。更に、特定口座には、源泉徴収ありのものと源泉徴収なしのものがあり、これもどちらかを選択しなければなりません。

これらの口座の違いがどこにあるかというと、投資によって得られる利益に対する税金の取扱に違いがあります。選択する口座によって、確定申告をする必要があるかないかが異なってくるのですが、そもそも確定申告をする必要がないケースもあれば、した方が得をするケースもありますので、人それぞれどの口座が向いているかというのは、異なります。

税金の話は、複雑で厄介な部分も多いため、これから投資を始めようと考えている方にとっては、最初のハードルかもしれません。まずは、それぞれの特徴をおさえて自分に合ったものを選びましょう。

特定口座と一般口座の違い

証券会社に口座を開設する際には、特定口座(源泉徴収あり)、特定口座(源泉徴収なし)、一般口座という3種類の中から開設する口座を選択する必要があります。

それぞれの口座によって、確定申告時の手間が変わってくるのですが、ざっくり説明すると、それぞれの口座には、以下のような違いがあります。

  • 特定口座(源泉徴収あり)…確定申告の必要なし
  • 特定口座(源泉徴収なし)…確定申告の必要あり(年間の損益を証券会社が計算してくれる)
  • 一般口座…確定申告の必要あり(年間の損益を自分で計算しなければいけない)

特定口座を選んだ場合には、源泉徴収ありの場合でも源泉徴収なしの場合でも、証券会社が、年間取引計算書というものを作ってくれるので、自分で年間の損益を計算する必要がありません。源泉徴収ありの場合は、税金が源泉徴収されますので、確定申告の必要もなくなります。源泉徴収なしの場合は、源泉徴収されないので、確定申告をして、自分で税金を支払わなければなりません。

一方の一般口座を選んだ場合には、証券会社が年間取引報告書を作ってくれないので、自分で年間の損益を計算して、確定申告をした上で、自分で税金を支払う必要があります。

特定口座と一般口座の特徴

口座区分 メリット 確定申告 こんな人向き
特定口座
(源泉徴収あり)
証券会社が年間損益を計算して源泉徴収をしてくれるので、確定申告の必要がない。 必要なし(することも可能)
※以下の場合は確定申告をした方が良い
他の口座と損益通算をする場合
繰越控除の適用を受ける場合
税金を払い過ぎている場合
確定申告の手間を省きたい方
税金や社会保険の扶養に入っている方
特定口座
(源泉徴収なし)
証券会社が年間損益を計算して年間取引報告書を作成してくれるので、確定申告が簡単になる。
税金を支払う必要がない少額の利益の場合、源泉徴収されない。
必要あり 他の口座との損益通算を念頭に置いている方
確定申告の必要のない少額の運用を考えている方
一般口座
税金を支払う必要がない少額の利益の場合、源泉徴収されない。 必要あり 他の口座との損益通算を念頭に置いている方
確定申告の必要のない少額の運用を考えている方

基本的には特定口座(源泉徴収あり)でOK

初めての方は、ここまで読んできても、おそらく何のこっちゃ分からない状態だと思いますが、迷ったら、基本的には、特定口座(源泉徴収あり)を選んでおけば良いと思います。わざわざ確定申告をする必要がありませんので。

ちなみに、専業主婦の方等、投資以外に所得がなく、投資における利益が38万円以下の場合は、確定申告に行く必要がありません。また、サラリーマンの方等、投資以外に収入がある場合は、投資における利益が20万円以下であれば、確定申告は不要です。これらの場合は、そもそも投資における税金を支払う必要がありませんので、特定口座(源泉徴収なし)や一般口座を選んでも、確定申告を行う必要はありません。

ただし、注意しておきたいのが、特定口座(源泉徴収あり)を選んだ場合でも、確定申告をした方が良いケースがあるということ。

具体的には、他の口座と損益通算をする場合、繰越控除の適用を受ける場合、払い過ぎた税金を還付してもらう場合については、確定申告をした方が、税金が安くなります。

特定口座(源泉徴収あり)を選ぶと、利益が出ていれば否応なしに税金が源泉徴収されますので、本来は支払う必要がなかった税金も支払うことになってしまいます。この場合は、確定申告を行って、払い過ぎた分の税金を還付してもらいましょう。

扶養には要注意

口座を選択する上でもうひとつ気を付けておきたいのが、税金や社会保険の扶養についてです。

特定口座(源泉徴収あり)を選んでおけば、確定申告に行く必要がないので、投資でいくら稼いでいても、所得金額に含まれないのですが、特定口座(源泉徴収なし)や一般口座を選んだ場合は、確定申告に行く必要がありますので、投資での利益が所得金額に含まれてしまいます。

結果、扶養を外れなければならないということも考えられますので、扶養に入っておきながら、投資でガンガン稼ぎたいという方は、特定口座(源泉徴収あり)を選んでおくと良いと思います。ただ、特定口座(源泉徴収あり)を選んだ場合であっても、確定申告を行えば、所得金額に含まれてしまいますので、要注意です。