REITリート)とは、不動産投資信託のことで、不動産に投資をする投資信託のことを言います。REITは、投資家から集めた資金を元に、マンション、オフィスビル、商業施設といった不動産を購入し、賃貸収入や売却益等を得ています。

不動産投資というと、かなり敷居が高い存在のように思ってしまいますが、REITを活用すれば、少額からでも不動産投資ができます。

投資信託の中には、このREITに投資をするものもあり、REITを投資対象とする投資信託なら、投資信託を購入するだけで、不動産投資ができるということになります。

REITのメリットとデメリット

REITのメリット

少額から不動産投資ができる

REITのメリットと言えば、何と言っても、少額から不動産に投資ができる点です。通常、不動産に投資をするとなると、かなりまとまった金額を準備しなければなりませんが、REITであれば、少額から投資をすることができます。

REITに投資をする投資信託であれば、投資信託を購入するだけで、不動産投資を始めることができるということになります。

簡単に不動産の分散投資ができる

REITは、少額から投資をすることができるので、複数の不動産に分散して投資をすることも可能です。大金が必要な不動産の場合、一般人にとっては、分散投資は現実的ではありませんよね。その点、REITなら、複数の不動産への分散投資が簡単にできてしまいます。

安定的な分配金が期待できる

REITに投資をする投資信託の中にも、分配金をもらえるものがありますが、REITは、比較的安定的な分配金が期待できます。REITでは、賃料等が分配原資となりますが、不動産は株式よりも、収益の予想が立てやすいことから、株式投資信託等に比べ、分配金も安定的と言うことができます。

インフレに強い

一般的に、不動産価格は、物価に連動する傾向にあります。物価が上がれば、不動産の価値も上がり、物価が下がれば、不動産の価値も下がるという値動きをするのが、一般的です。

インフレになれば、貨幣価値は下がっていきますので、現金で資産を保有していると、インフレに伴い現金の価値は下がっていくことになりますが、不動産に投資をするREITを保有しておくことで、インフレによる資産の目減りを避けることができます。

REITのデメリット

コストが高め

REITに投資をしている投資信託の場合、手数料が高めに設定されています。REITファンドでも、ノーロードというのは、珍しくありませんが、信託報酬は若干高めです。インデックス投資を行う際には、特に、手数料が低い投資信託を選ぶことが大切になってきますので、購入時には、しっかりとチェックしておきましょう。

REITのインデックスファンドもあり

REITに投資をする投資信託の中には、株式や債券を投資対象とする投資信託と同じように、インデックスファンドもあります。

REITのインデックスとしては、国内のREITであれば、東証REIT指数、外国のREITであれば、S&P先進国REIT指数(除く日本)というものが一般的です。

REITは、物価と連動する傾向が強いため、インフレに強く、また、株式や債券の値動きとの関連性が低いと言われています。REITファンドをポートフォリオに加えておくことは、資産の分散に一役買ってくれますので、アセットアロケーションを考える際には、REITをひとつの候補として検討してみるのも良いかもしれませんね。