分散投資をしていると、運用をしている中で、自分のポートフォリオが、当初予定していたアセットアロケーションとは乖離してしまうことがあります。このバランスの崩れたポートフォリオを当初のアセットアロケーションに整え直すことをリバランスと言います。

リバランスは、分散投資において、非常に重要な意味を持ちます。当初のアセットアロケーションからかけ離れたバランスになってしまうと、過剰なリスクを背負うことになったり、期待リターンが小さくなってしまうことがあり得るからです。

複数のアセットクラスに分散投資を行っていると、値上がりするアセットクラスもあれば、値下がりするアセットクラスも出てきます。値上がりしたアセットクラスは、ポートフォリオの中での比率が高くなりますし、値下がりしたアセットクラスは、比率が低くなります。

通常、ポートフォリオの中で比率が高くなったアセットクラスを売却して、比率が低くなったアセットクラスを買い増すことで、リバランスを行います。また、比率が高くなったアセットクラスは売却せずに、比率がアセットクラスのみを買い増すことでも、リバランスは可能です。ちなみに、このように買い増しだけでリバランスをすることをノーセルリバランスと言います。

例えば、当初のアセットアロケーションでは、国内株式と国内債券を50%ずつの比率で保有することを想定していたものの、運用を行う中で、国内株式が60%、国内債券が40%の比率になってしまうことがあります。これを当初のアセットアロケーション通り、50%ずつの比率に調整するのが、リバランスです。

リバランスの効果

リバランスは、リスクとリターンの改善につながります。

というのも、アセットアロケーションから乖離したポートフォリオになっていると、当初想定していたリスクよりも高いリスクを背負っていたり、当初の期待リターンよりも小さくなってしまったりします。運用をしている中で、知らず知らずの内に、自分が考えていたリスクと期待リターンとはかけ離れたポートフォリオになってしまうということです。

例えば、当初のアセットアロケーションよりも、株式の比率が高くなっていれば、想定していたものより、ハイリスクハイリターンのポートフォリオになってしまいますし、債券の比率が高くなっていれば、想定より、ローリスクローリターンのポートフォリオになってしまいます。

このまま運用していては、当然、期待していたリターンを得ることはできにくくなりますよね。ここで、必要になってくるのが、リバランスです。

リバランスをすることで、当初のアセットアロケーションに戻せば、リスクと期待リターンも当初のものに戻すことができます。だから、リバランスは、リスクとリターンの改善につながるということですね。

リバランスを行うタイミング

リバランスにおいて悩ましいのが、いつリバランスを行うかという問題。リバランスを行うタイミングに、絶対というものはありません。それぞれの投資家次第ということになるのですが、リバランスを行うタイミングには、以下の2つの方法が考えられます。

  • 一定の乖離幅を超えたらリバランスを行う
  • 一定期間ごとにリバランスを行う

まず考えられるのが、ポートフォリオが、アセットアロケーションから一定程度乖離した場合に、リバランスを行う方法。例えば、アセットアロケーションから10%乖離したら、リバランスするといった感じです。この方法の場合は、アセットアロケーションからポートフォリオが過度に乖離することはありませんが、当初のアセットアロケーションからどの程度かけ離れたポートフォリオになっているかを常にチェックしておかなければなりません。

次に考えられるのが、一定期間ごとにリバランスを行う方法。1年ごとや半年ごとといった感じですね。おそらく、一般的なのは、こちらの方法だと思います。期間的には、頻繁にリバランスを行っていても手間ですし、きりがないので、1年ごとに行っていれば問題ないでしょう。

いつリバランスをすればいいか分からないという場合は、例えば、年末に必ず行うといったように、リバランスを行う時期を決めておくと良いですよ。

リバランス時の税金には要注意

リバランスを行う際に、値上がりしたアセットクラスを売却すると、その利益に対して税金がかかってしまいます。この点には、注意が必要かもしれません。ノーセルリバランスを行えば、買い増しを行うだけですので、税金については考える必要はありませんが、売却する際に、利益が出る場合には、税金のことも頭に入れておきましょう。

ただし、税金がかかるのは、利益に対してですので、比率が高くなったアセットクラスを売却する場合でも、利益が出なければ、税金はかかりません。また、年末調整において、繰越控除を行っていれば、最大で翌年以降3年間は税金がかかりませんので、これをうまく活用するのも、ひとつの手ですよ。