NISA口座で投資信託を購入する場合、どんな投資信託がNISAに向いているのでしょうか。ここでは、NISAのメリットを考慮しながら、NISAにピッタリの投資信託を探してみましょう。

押さえておくべきNISAのポイント

NISA向きの投資信託を探すために、改めてNISAのポイントを見ておきましょう。

  • 利益が非課税になる
  • 非課税期間は最長5年
  • 利益が出ないとデメリットがある

NISAは、投資で得た利益が非課税になる制度です。

そして、NISAには、最長5年という非課税期間があります。購入から5年を経過して得た利益については、非課税とはなりません。ロールオーバーを利用すれば、この5年の非課税期間を延ばすことも可能ですが、現行制度においては、NISAは期間限定の制度であるため、恒久的に非課税となることはありません。

また、仮に利益が出なかった場合においては、利益が非課税になるというメリットを享受できないどころか、損益通算と繰越損失の適用対象外となるというNISAならではのデメリットを被ることにもなります。損益通算と繰越損失は、投資において損失が出た場合の救済措置のようなものですが、NISA口座で生じた損失については、それを利用できません。

NISA向きの投資信託

これらのNISAのポイントをふまえると、NISAに向いている投資信託の特徴として、以下が挙げられます。

  • できるだけ大きな利益が出るもの
  • 5年以内に利益が出る可能性が高いもの

もちろん利益は大きければ大きい方が良いに決まっているのですが、ハイリスクハイリターンが投資の原則。リターンが大きくなれば、リスクも大きくなります。ということは、利益が出る可能性も低くなってしまいます。しかし、利益が出なければ、NISAを利用する意味が全くありませんし、損益通算と繰越控除の適用対象外となるので、損をしてしまうことになります。

これを考えると、NISAには、やはり手堅い投資が向いていると言えます。

おすすめはインデックスファンド

NISA口座で投資をすべき投資信託というのは、投資家のポートフォリオや置かれている状況等によって、人それぞれ異なりますので、絶対というものはありませんが、手堅さを考慮すれば、インデックスファンドは、ひとつの有力な選択肢となります。

インデックスファンドなら、アクティブファンドに比べ、リスクが低く、手堅い投資が可能です。

インデックスファンドと言っても、その投資先は様々で、人によって何が良いかというのは大きく異なるでしょうが、手堅さを重視するのであれば、債券に投資をするインデックスファンドが良いでしょうし、できるだけ利益が大きい方が、よりNISAのメリットを享受できる点というをふまえれば、債券よりも株式に投資をするものが良いでしょう。もし、ポートフォリオに、株式に投資をするインデックスファンドが十分なのであれば、REITに投資をするインデックスファンドもひとつの選択肢になるかもしれません。

また、NISA口座の場合は、年間の非課税投資枠が最大120万円と決まっていますので、リバランスを行うのが難しいです。一度使ってしまった非課税投資枠というのは、NISA口座の資産を売却しても戻ってきません。その点を考慮するのであれば、インデックス型のバランスファンドというのも賢い選択と言えます。

分配型投資信託はおすすめできない

逆に、分配金を出す投資信託はおすすめしません。

分配金には、普通分配金と特別分配金(元本払戻金)の2種類があります。普通分配金は、決算日の基準価額が、購入時の価格を上回っているときの分配金で、特別分配金は、決算日の基準価額が、購入時の価格を下回っているときの分配金です。普通分配金は課税対象ですが、特別分配金はそもそも非課税になりますので、特別分配金を受け取る際には、NISAのメリットを享受できないことになります。

また、受け取った分配金を再投資する場合、年間120万円の非課税投資枠を消費してしまう点にも注意が必要です。

これらを考えると、分配金を出す投資信託よりも出さない投資信託の方が、また、分配型投資信託であっても、分配の頻度が少ない投資信託の方がNISA向きと言うことができるでしょう。

NISA口座で、どれに投資すればいいか分からないという方は、とりあえずインデックスファンドの中から選ぶようにするのがおすすめですよ。