日本の株価指数の代表的なものに、日経平均株価指数TOPIXというものがあります。どちらも、東京証券取引所第一部に上場している企業の株価から求められているものですが、別々の指数なのですから、当然、計算方法も異なります。

仮に、日経平均が上がっていても、TOPIXは下がっているということも十分にあり得ます。もちろん、逆の場合も然りです。国内株式クラスの投資信託を購入するとしても、日経平均をベンチマークとしている投資信託とTOPIXをベンチマークとしている投資信託とでは、値動きは異なるのです。

それでは、日経平均とTOPIXには、どのような違いがあるのでしょうか。

日経平均株価指数とは

日経平均株価指数は、日本経済新聞社が公表している株価指数で、東京証券取引所第一部に上場している約2,000社の内、225銘柄の株価を平均して求められた株価指数です。日経平均と略されたり、日経225とも呼ばれます。

日経平均株価指数は、発行済株式数を考慮しない株価の単純平均に近い計算方法で求められます。

日経平均株価指数の特徴と問題点

株価に発行済株式数をかけて求められる時価総額を用いた指数ではないというのが、日経平均株価指数の特徴です。実は、時価総額ベースではないという点が、日経平均株価指数の厄介な点でもあるのです。

同じ時価総額の企業があったとしても、株価と発行済株式数が異なることは、十分に考えられます。例えば、時価総額が同じ100億円の企業でも、株価が100円で発行済株式数が1億株の企業(企業A)もあれば、株価が1,000円で発行済株式数が1,000万株の企業(企業B)もあり得ます。

日経平均株価指数は、このような場合でも、株価のみを考慮して求められますので、企業の時価総額は、まったく考慮されないということになります。

日経平均株価指数は、最小取引単位の株価をベースに計算されますので、この場合、どちらの企業も100株で取引されているとすると、企業Aの株価は1万円で、企業Bの株価は10万円ということになり、(10,000円+100,000円)÷2=55,000円といった具合に求められます。

ここで、どちらの企業も時価総額が1億円上がったケースを考えてみましょう。時価総額が1億円プラスとなった場合、企業Aは、株価が1円しか上がりません。しかし、企業Bは、株価が10円上がることになります。

どちらも企業価値は同じだけ上がったのに、日経平均株価指数に与える影響は、企業Aよりも企業Bの方が大きいのです。

このように、日経平均株価指数は、値嵩株(値がさ株)と呼ばれる株価が高い銘柄の影響を受けやすいという傾向があります。市場全体の株価の平均値を表している指数であるにもかかわらず、特定の企業の株価の変動による影響を強く受けてしまうという特徴を持っているのです。

TOPIXとは

TOPIXは、東京証券取引所が公表している株価指数で、東京証券取引所第一部に上場している全銘柄の時価総額の合計を、基準となる1968年1月4日の時価総額で割ることによって求められます。

TOPIXは、日経平均株価指数とは異なり、株価を単純平均するのではなく、時価総額ベースで求められるのが特徴です。

このことから、TOPIXは、日経平均株価指数のように、値嵩株の影響を受けにくく、時価総額が大きな企業の株価変動の影響を受けやすい傾向にあります。

インデックスファンドを購入するならTOPIXがおすすめ

投資信託を購入する際には、ベンチマークとなるインデックスに着目する必要があります。特に、インデックスファンドを購入する際には、必ずベンチマークをチェックするようにしましょう。

しかし、同じ国内株式クラスのインデックスファンドを購入するにしても、日経平均をベンチマークとしている投資信託とTOPIXをベンチマークとしている投資信託のどちらを選べば良いのでしょうか。

確かに、どちらも日本を代表する株式銘柄の平均指数であることに変わりはありませんし、絶対にこっちでなければいけないということもないのですが、おすすめは、TOPIXです。

というのも、日経平均株価指数は、やはり、値嵩株が占めるウェイトが大きく、バランスの悪いポートフォリオになってしまっていることから、市場全体のインデックスという意味であれば、TOPIXの方が、バランスの取れたものとなっているからです。

事実、国内株式クラスのインデックスファンドについては、日経平均株価指数よりもTOPIXの方が一般的です。ニュース等では、TOPIXよりも、日経平均の方を見聞きすることが多いのですが、国内株式クラスのインデックスファンドを購入する際には、TOPIXをベンチマークとしているものを選んでおけば、間違いないと言えるでしょう。