投資信託の一種に、MRFMMFというものがあります。

どちらも、債券を中心に運用される公社債投資信託に該当するものですが、一般的な投資信託とは少し違った位置付けにあります。制度上は、投資信託に該当しますが、換金性や安全性の高さ等から、証券口座における預金代わりのものと考えておいた方が良いでしょう。

ちなみに、安全性が高い分、一般的な投資信託に比べると、金利も低くなります。とは言っても、預金に比べると、金利は高めの水準となっています。一般的な投資信託と預金の中間的な存在とも言えるかもしれません。

MRFとは

MRFは、マネーリザーブファンド(Money Reserve Fund)の略で、安全性の高い国内外の公社債や短期の金融商品を中心に運用される公社債投資信託です。

毎日決算が行われていて、1円単位で購入や換金が行われることから、いつでも自由にお金の出し入れができます。また、安全性が高い金融商品で運用されていることから、元本保証はないものの、元本割れをするリスクが非常に高いとされています。普通預金に比べ、若干ではありますが、金利が高いという特徴も持っています。

MRFは、換金性、安全性の高さから、証券口座では、普通預金のように扱われます。証券口座に資金を入れると、自動的にMRFとして運用されるのが、一般的です。

ちなみに、MRFは、元本が保証された商品ではありませんが、元本割れした場合においても、運用会社が自らの資金で損失補填をすることは認められています。

MMFとは

MMFは、マネーネジメントファンド(Money Management Fund)の略で、国内外の公社債や短期の金融商品を中心に運用される公社債投資信託です。

MMFと同様に、毎日決算が行われていて、1円単位で購入や換金が可能ですが、MRFに比べ、長期の債券等に投資をすることから、買付から30日未満で換金をすると、1万口につき10円の信託財産留保額がかかるのが、一般的です。ただし、MRFよりも、利回りが高いという特徴があります。MMFも、元本保証はないものの、安全性が高い金融商品とされています。

MRFに非常に良く似た商品ではありますが、30日未満での解約には手数料がかかること、また、MRFに比べ、金利が高いことから、定期預金のような捉え方をしておくと良いでしょう。

ちなみに、MRFは、証券口座に入金すると、自動的に買い付けられ運用されるのが一般的ですが、MMFの場合は、一般的な投資信託と同じように、取引を行います。

外貨建MMF

MMFには、海外の外貨建ての公社債や短期金融商品に投資をする外貨建MMFというものもあります。

外貨建MMFの特徴としては、国内よりも金利の高い海外の金融商品に投資を行っていることから、国内の金融商品に投資をするMMFよりも金利が高い点が挙げられます。ただし、外貨建てのため、為替の変動により、購入時よりも円高になると、為替差損が発生する可能性もあるため、注意が必要です。