投資信託を購入する前には、必ず目論見書投資信託説明書)というものが交付されます。目論見書は、金融商品取引法によって、投資家に交付することが義務付けられている書類で、購入する投資信託についての様々な情報が記載されています。

目論見書には、投資家に必ず交付しなければならない交付目論見書と投資家から請求があった際に交付しなければならない請求目論見書の2種類がありますが、投資信託の購入時に必ず交付される交付目論見書には、投資信託についての基本的な情報が記載されていますので、非常に大切な書類と言えます。

一見、書かれている内容が難しいので、適当に読み流してしまいがちですが、目論見書には、非常に大切な事項が記載されていますので、投資信託の購入前には必ずチェックするようにしましょう。自分の大事な資産の運用を任せる訳ですから、目論見書を通して、しっかりと投資信託の特色等を理解しておいてください。

目論見書に記載されている項目

目論見書には、主に、以下の4つの項目について記載されています。運用会社が違っても、目論見書に書かれているのは、これらの項目になっているはずです。

どの項目も、投資信託を購入するにあたって大事なことばかりですので、必ず目を通しておいてください。

  • ファンドの目的・特色
  • 投資リスク
  • 運用実績
  • 手続・手数料等

ファンドの目的・特色

その投資信託がどのような投資信託なのかという特色をまとめている項目です。

ファンドがどのような投資成果を目指しているのか、どのような資産に投資をしているのか、どのような方針で運用を行っているのか等が記載されています。また、分配金についても、この項目で記載されています。

投資リスク

投資信託の基準価額が変動するリスクについて記載されています。重要度が高いリスクから順番に記載されているのが、一般的です。また、リスクの管理体制についても記載されています。

運用実績

ファンドの過去の運用実績等が、記載されている項目です。

基準価額や純資産総額、分配金の推移、現在、組み入れられている資産の上位銘柄等が記載されています。過去の運用成績については、この項目にまとめられていますので、運用実績を基に投資信託を選びたい場合には、要チェックです。

手続・手数料等

ファンドの手数料等について詳しく記載されている項目です。

どのような手数料がかかるのか、また、手数料がいくらかかるのか等がまとめられています。手数料は、運用成績を左右する非常に重要な項目ですので、必ずチェックするようにしましょう。

また、決算日等もこの項目に記載されています。分配金は、決算日に支払われますので、分配金目的で投資信託を購入する場合には、ここで、決算日を確認しておきましょう。