投資信託には、分配金が出るものがありますが、分配金が出るタイプの投資信託の中でも人気なのが、毎月分配型投資信託です。毎月分配型の投資信託は、その名の通り、毎月1回、分配金が出るタイプの投資信託です。

毎月お小遣いのように分配金がもらえるので、人気が出るのも理解できますが、毎月分配型投信には、デメリットもあります。毎月分配型投信を購入する際には、メリットとデメリットをしっかりと理解しておく必要があります。

毎月分配型投信に限ったことではありませんが、万人に向いている投資信託というのは存在しません。向き不向きというものがありますので、自分に合ったものなのかどうかをしっかりと把握した上で、購入するようにしましょう。

毎月分配型投資信託のメリットとデメリット

毎月分配型投資信託のメリット

毎月分配型投信のメリットは、そのままです。毎月、分配金がもらえる点。

毎月お金がもらえるので、お小遣いにもなりますし、生活費の足しにもできます。将来的にもらえるお金が増えるよりも、今もらえるお金ができた方が嬉しいという方も少なからずいらっしゃるはずです。

分配金は、ファンドの運用次第では、金額が減ったり、一切もらえなくなったりしますので、依存するのは危険ですが、毎月お金がもらえるというのが、毎月分配型投信の良いところですよね。

毎月分配型投資信託のデメリット

毎月分配型投信のデメリットとして考えられるのが、長期運用には向かないという点です。なぜかというと、投資信託が分配金を出すと、純資産総額が減ってしまいます。純資産総額が減ると、ファンドが運用に回す資金も減ってしまいます。つまりは、複利の効果を十分に得ることができないということになります。

確かに、投資信託によっては、受け取った分配金をそのまま同じ投資信託の購入に充てることができるものもあります。ただ、分配金を再投資することと、ファンドが分配金を出さずに利益を運用先に再投資をすることは違います。

分配金が出ると、それを現金として受け取った場合はもちろんですが、現金として受け取らずに、再投資した場合でも、税金がかかってしまいます。全額ではなく、税金が引かれた金額しか、再投資に回せないのです。

そのため、毎月分配金型投信よりも、分配金が出る頻度が少ない投資信託の方が、長期的に資産を増やすのに向いていますし、更に言えば、分配金がまったく出ない投資信託の方が向いていると言えます。

毎月分配型投資信託はこんな人向き

毎月分配型投信のメリットとデメリットを考慮すると、毎月分配型投信は、運用しながら現金を受け取りたいという方に向いています。分配金を年金代わりに考えているシニア世代の方にとっては、選択肢のひとつとなるかもしれませんね。

一方、将来に向けて、長期的にお金を増やしたいという方には向いていません。長期投資を考えている方には、毎月分配型投信よりも、分配金が出ないタイプのものをおすすめします。

人気だから、毎月お金がもらえるから、という理由で毎月分配型投信を選ぶのではなく、メリットとデメリットをしっかりと把握した上で、自分に合った投資信託を選ぶようにしましょう。