株式の価値を表すのは、株価ですが、投資信託の価値を表すのが、基準価額です。購入した時の基準価額よりも、売却する時の基準価額が高ければ、利益が出ますし、低ければ、損失が出るということになります。

基準価額とは

投資信託の値段を表しているのが、基準価額です。

投資信託の総資産額から諸経費を引いたものを純資産総額と言いますが、基準価額は、純資産総額を総口数で割ったものです。つまり、投資信託一口当たりの値段が、基準価額ということになります。

基準価額=純資産総額÷総口数

基準価額が決定するタイミング

基準価額は、1日に1回計算されます。株価のように、リアルタイムで変動するものではありません。基準価額は、ファンドが投資をしている株式や債券のその日の終値を基に計算されるので、リアルタイムで変動することがないのです。

ちなみに、基準価額が公表されるのは、投資信託の取引の申込を締め切ったあとになります。つまり、投資信託を売買する際には、その時点での基準価額というのは分かりません。これをブラインド方式と言います。

ただし、例外があって、投資信託の中でも、ETF(上場投資信託)の場合は、株式のようにリアルタイムで、基準価額を確認しながら取引ができます。

基準価額では投資信託の優劣は分からない

基準価額は、投資信託の価値を表すものではありますが、投資信託を比較する際に用いるべきではありません。基準価額では、投資信託の優劣は分からないからです。

新しく投資信託を作る場合、基準価額は1万口で10,000円からスタートするのが一般的です。ということは、投資信託の基準価額は、投資信託がスタートした設定日に大きく左右されることになります。仮に、まったく同じ運用成績を残した投資信託でも、投資信託を作った日が異なれば、基準価額は異なるのです。

また、分配金の金額によっても、基準価額は異なってきます。分配金を出せば、その分、純資産総額は下がりますので、分配金が多い投資信託の方が、基準価額は下がります。まったく同じ運用成績の投資信託でも、分配金が多い投資信託の方が、基準価額は下がっていくということです。

設定日や分配金の金額では、投資信託の優劣は分かりません。だから、これらによって大きく変動する基準価額で、投資信託を比較するべきではないのですね。