投資信託のコストと言えば、販売手数料、信託報酬、信託財産留保額という3つが、主なものとして挙げられます。しかし、投資信託のコストは、実は、これだけではありません。投資信託には、この3つの手数料の他にも、目論見書にも記載されていない隠れコストとも呼ばれる手数料が存在しています。

隠れコストがいくらかかるかは事前には誰も分からない

目論見書にも記載されていない、この隠れコスト、どこで確認できるのかというと、運用報告書に記載されています。運用報告書は、決算時に運用会社から送られてくる書類ですが、隠れコストは、投資信託の決算が終わらないと、いくらかかったのかが分からないのです。

そのため、投資信託を購入する際には、隠れコストを含んだ投資信託の実質コストは分かりません。

誤解のないように言うと、厳密には、目論見書にも、隠れコストがかかるということは記載されています。ただ、いくらかかるかまでは記載されていません。それもそのはずで、隠れコストは、運用状況等により変動しますので、事前に、いくらかかるというのは明記できないのです。

だから、決算後に交付される運用報告書で確認するしかないのですね。

運用報告書で隠れコストを確認しよう

決算後に交付される運用報告書には、費用の項目があるはずです。この項目を見てみると、保有中に負担しなければならない信託報酬の他に、売買委託手数料、有価証券取引税、保管費用等といった見慣れない費用が記載されています。

これこそが、隠れコストです。

隠れコストは保有中ずっとかかる

確かに、信託報酬に比べると、隠れコストの金額はかわいいものかもしれません。ただ、注意しなければならないのは、隠れコストも信託報酬と同様に、投資信託を保有している間は、ずっと負担しなければならないという点です。

投資信託で資産を運用する場合、コストを抑えることは、非常に大切です。同じ運用成績でも、コストが低い方が、得られるリターンは大きくなりますから、できるだけコストの安い投資信託を選んだ方が良いに決まっています。

信託報酬が安いからといった理由で投資信託を選んでも、隠れコストを含んだ実質コストは、他の投資信託の方が安かったということも十分あり得ます。

事前に隠れコストをチェックできるサイト

隠れコストは、投資信託の購入時には、いくらかかるかは分かりません。ただ、過去の隠れコストは、確認することができます。

一般的には、運用報告書で確認することになりますが、実は、モーニングスター(https://www.morningstar.co.jp/)のサイトでも、確認することができます。

モーニングスターの個別の投資信託のページには、信託報酬の他、隠れコストを含んだ実質の経費が記載されています。投資信託を選ぶ際には、このようなサイトを利用して、実質コストまでチェックしておくと良いかもしれませんね。