ジュニアNISAは、2016年から開始された制度で、その名の通り、NISAのジュニア版です。NISAが、20歳以上の方しか利用できないのに対し、ジュニアNISAは、0歳~19歳の未成年の方を対象とした投資非課税制度になります。

基本的には、NISAと同じような制度になります。投資で得た利益が非課税になるというのは、もちろん変わりません。また、損益通算や繰越控除を利用できないのも、NISAと同じです。メリットもデメリットも、基本的には、NISAと変わらないのですが、いくつか、NISAとは異なる点もあります。

ジュニアNISAの趣旨

ジュニアNISAは、未成年の方が利用できる投資非課税制度ではありますが、未成年の方向けというよりは、未成年の方の保護者向けの制度と言った方が良いでしょう。

ジュニアNISAにおける口座開設者は、未成年の方本人となりますが、ジュニアNISAでは、口座開設者本人の二親等以内の親や祖父母が、運用管理者として、代理で投資を行うことができるようになっています。

そのため、未成年の方本人が投資を行うというよりも、口座開設者の保護者の方が、未成年の方の教育資金等の運用手段のひとつとして投資を行うという意味合いの方が強いです。

NISAとジュニアNISAの違い

NISA ジュニアNISA
対象者 日本在住で口座開設をする年の1月1日時点において満20歳以上の方 日本在住で口座開設をする年の1月1日時点において0歳~19歳の方
対象商品 上場株式、株式投資信託
非課税投資枠 年間120万円(最大600万円) 年間80万円(最大400万円)
非課税期間 最長5年間
投資可能期間 2016年~2023年
口座開設可能数 1人1口座(金融機関の変更可) 1人1口座(金融機関の変更不可)
払出し制限 なし 18歳まで払出し不可

対象者

NISAの対象者は、日本国内に在住で口座開設をする年の1月1日時点において20歳以上の方ですが、ジュニアNISAの対象者は、0歳~19歳までの未成年となっています。

また、ジュニアNISAでは、原則、口座開設者となる未成年者の親権者が、運用管理者として代理で投資を行います。

非課税投資枠

ジュニアNISAの非課税投資枠は、年間80万円となっています。非課税期間は、NISAと同じ5年間ですので、合計で400万円です。年間120万円(合計600万円)のNISAの非課税投資枠と比べると、ジュニアNISAの非課税投資枠の方が、年間で40万円少ないということになります。

口座開設可能数

口座開設可能数は、NISAもジュニアNISAも、1つだけで同じですが、ジュニアNISAでは、一度NISA口座を開設すると、その後の金融機関の変更はできない仕組みになっています。

NISAでは、1年に1回、金融機関を変更することができますが、ジュニアNISAの場合は、一切できません。

払出し制限

ジュニアNISA口座では、18歳になるまでは、原則として、払出しができません。ジュニアNISA口座において払出しができるのは、口座開設者が、その年の3月31日時点で18歳である年の1月1日以降です。それまでに、払出しを行うと、それまでの利益に対して課税されることとなり、また、ジュニアNISA口座は廃止されてしまいます。

ただし、例外があって、災害等のやむを得ない場合に限っては、非課税で払出しができるようになっています。しかし、その場合でも、払出しをしてしまえば、ジュニアNISA口座は廃止となります。

20歳になるとNISA口座に移管可能

ジュニアNISAの口座開設者が20歳になった場合には、NISA口座が自動的に開設され、ジュニアNISA口座にて保有していた金融商品は、時価120万円を限度に、NISA口座へ移し替えることができます。

非課税期間5年が経過したら

ジュニアNISAにおける非課税期間の5年が経過すると、ジュニアNISA口座で購入した金融商品については、払出し制限付き課税口座(課税ジュニアNISA口座)に移行するか、ロールオーバーを利用する必要があります。

払出し制限付き課税口座とは

払出し制限付き課税口座は、ジュニアNISAの非課税期間である5年が経過した後に金融商品が移し替えられる口座で、こちらの口座で得た利益については、通常通り課税されます。また、ジュニアNISA口座と同じように、18歳までは、払い出すことができません。

ただし、払出し制限付き課税口座に移される際には、その時点での金融商品の時価が、払出し制限付き課税口座における取得価格となりますので、ジュニアNISA口座における取得時から払出し制限付き課税口座に移し替えるまでに、金融商品が値上がりしていれば、その値上がり分については、課税されないようになっています。

NISAにおいて、5年間の非課税期間が終わった後に、一般口座や特定口座といった課税口座に移し替えられるのと同じですね。ただ、ジュニアNISAの場合は、課税口座に移し替えられた後でも、18歳までは払出しができないということです。

ジュニアNISA口座におけるロールオーバー

ジュニアNISAも、NISAと同様に、ロールオーバーが利用できます。ロールオーバーというのは、非課税期間の5年間終了後に、翌年分の非課税投資枠を使って、ジュニアNISA口座に保有し続けることです。

ジュニアNISA口座にてロールオーバーができるのは、1年につき時価80万円までです。80万円を超えた分については、払出し制限付き課税口座に移されます。

ジュニアNISAの投資可能期間である2023年以降でも、ロールオーバーは可能です。2024年から2028年までは、ジュニアNISA口座ではなく、継続管理勘定というロールオーバー専用の口座にロールオーバーをすることになります。そして、継続管理勘定に移された後も、20歳になるまでは、引き続き、非課税のまま継続保有が可能になっています。

継続管理勘定では、売却は可能ですが、新規で買い付けることはできません。また、口座開設者が18歳になるまでは、継続管理勘定にて売却した代金は、払出し制限付き課税勘定に移されます。18歳未満の場合は、継続管理勘定で売却した代金も、払出しはできないのです。