インデックスファンドは、ベンチマークとするインデックスに連動するように運用される投資信託です。このような運用方法をパッシブ運用と言います。これに対して、インデックス以上のリターンを追求する運用方法がアクティブ運用です。また、アクティブ運用を行う投資信託をアクティブファンドと言います。

インデックス以上の利益を追求するアクティブファンドに比べると、インデックスに連動するインデックスファンドは、地味な感じもします。攻めのアクティブファンド、守りのインデックスファンドといった感じでしょうか。

これから投資信託を始めたいという方の中には、ガンガン攻めていきたいという方も少なくないと思いますが、長期運用を行っている投資家の間では、インデックスファンドを中心に投資を行っている方が非常に多いです。

インデックスファンドは、それだけ長期運用に向いているということなのですが、なぜ、そこまでインデックスファンドが支持されるのでしょうか。ここでは、インデックスファンドの特徴についてまとめていますので、基礎知識として、しっかり押さえておきましょう。きっと資産運用に役立ってくれるはずですよ。

インデックスファンドの特徴

市場平均に連動した運用ができる

インデックスファンドは、インデックスに連動するように運用される投資信託ですが、インデックスに連動するということは、すなわち、市場の平均的な値動きについていくことができるということになります。市場全体が上昇傾向にあるときには、インデックスファンドの基準価額も上がっていきますし、市場全体が下落傾向にあるときには、インデックスファンドの基準価額も下がっていきます。

インデックスファンドの場合、基本的には、インデックスの動きと基準価額の動きが同じになるはずですので、値動きが非常に分かりやすいです。また、銘柄選択の必要もないので、難しい分析が必要ありません。

アクティブファンドの場合、得られるリターンは、ファンドマネージャーの手腕にかかっています。例え、インデックスが上昇していても、ファンドマネージャーが読みを外せば、市場平均とは反対に、投資信託の基準価額は下がることだって十分にあり得るのです。ですから、アクティブファンドを購入する際には、利益を上げられる投資信託を選ぶために、それなりの分析が必要になります。

一方、インデックスファンドの場合、市場の平均的な利益は得られるような運用がされていますので、アクティブファンドのように難しい分析も必要なく、その分、初心者の方でも手を出しやすい投資信託と言えます。

ローリスクローリターン

インデックスに連動するように運用されるということは、インデックス以上のリターンは期待できないということにもなります。少しネガティブな言い回しですが、この点は、メリットともデメリットとも言えます。

アクティブファンドの場合は、ベンチマークとするインデックス以上のリターンを求めて運用されていますので、それだけ、ハイリスクハイリターンとなります。一方、インデックスファンドは、アクティブファンドに比べると、ローリスクローリターンです。

インデックスファンドは、大きなリターンを期待することはできませんが、より安定的な運用を行うことができます。ガンガン稼ぎたいという方よりも、コツコツと資産を増やしていきたいという方に向いている投資信託といった感じですね。

低コストで運用ができる

インデックスファンドは、アクティブファンドに比べ、低コストで運用することができます。この点は、インデックスファンドの最大のメリットとも言えます。

インデックスファンドの場合、基本的に、販売手数料がかかりません。販売手数料無料の投資信託をノーロードファンドと言いますが、インデックスファンドでは、ノーロードファンドが当たり前です。

また、信託報酬もアクティブファンドに比べると、非常に低く設定されています。信託報酬は、投資信託を保有している間ずっと負担しなければならない厄介なコストで、純資産総額から差し引かれることになります。つまり、信託報酬が高いと、その分、基準価額のマイナス要因となるということになります。

要は、信託報酬が高ければ高いほど、投資家のリターンは減ってしまうのです。

よく、インデックスファンドとアクティブファンドのどちらが儲かるのかという議論になりますが、仮に、同じ運用成績を上げているインデックスファンドとアクティブファンドがあったとしても、アクティブファンドの方がコストが高いのが一般的ですから、アクティブファンドは、最初からハンディキャップを負っているということになります。

アクティブファンドの方がコストが高い以上、アクティブファンドがインデックスファンドに勝つには、インデックスファンド以上の運用成績を上げなければならないのです。逆に言うと、インデックスファンドは、コストが低い分、アクティブファンドよりも有利な条件で勝負ができるということですね。

インデックスファンドは積立投資にピッタリ

これらの特徴を考えると、インデックスファンドは、長期的に資産を運用していきたいという方におすすめの投資信託と言えます。

長期の資産運用における基本的な戦略となるのが、ドルコスト平均法を用いた分散投資です。これにピッタリなのが、インデックスファンドなのです。

ドルコスト平均法は、定期的に定額を積み立てていく投資法ですが、積み立てる度に販売手数料を支払っていては、馬鹿らしくてやってられませんよね。この点、インデックスファンドは、販売手数料がかからないのが当たり前ですので、気にせず積立を行うことができます。

また、長期で保有することになるのですから、信託報酬も低いほど良いです。この点も、インデックスファンドなら、クリアします。

そして、投資信託なら、少額から購入できますので、複数のアセットクラスへの分散投資も容易です。積立投資に向いているので、時間の分散もしやすいですしね。

ということで、投資信託で長期的な資産運用を考えている方は、インデックスファンドの活用をおすすめします。難しい分析も要らないので、投資初心者の方でも、安心して購入できるはずですよ。