税制面でのメリットが非常に大きいiDeCo。利用しないと損と言っても過言ではない程、得られるメリットは大きいのですが、資産運用をしたことがないという方にとっては、手を伸ばしにくい存在であるのも事実でしょう。

iDeCoは、将来受け取ることになる年金を自分で運用していく制度ですので、どのような商品で運用するのかということが非常に重要になります。

ということで、ここでは、iDeCoでは何を積み立てていくべきなのかを考えていきましょう。

iDeCoの主な運用商品

  • 投資信託
  • 定期預金
  • 保険商品

iDeCoの運用先となる主な商品としては、投資信託、定期預金、保険商品といったものが挙げられます。取り扱っている商品は、口座を開設する金融機関によって異なりますが、これらの商品から選んで毎月積み立てていくことになります。

押さえておきたいiDeCoのポイント

  • 原則60歳まで受け取れない
  • 運用益が全額非課税になる

ここで改めて、iDeCoの特徴を考えてみましょう。

iDeCoは、個人型確定拠出年金という制度の名前の通り、年金制度の一種になります。年金の主な趣旨としては、将来の資金形成です。そのため、iDeCoで積み立てていったお金については、原則60歳まで受け取ることができません。

また、iDeCoでは、NISAと同じように、運用で得た利益が非課税になります。いくら利益が出ても、全額非課税になるというのが、iDeCoの大きなメリットとして挙げられます。

iDeCoにおすすめの運用商品

原則60歳まで受け取れないとなると、運用期間はどうしても長くなります。もちろんiDeCoを始める年齢にもよりますが、多くの方が10年単位の長期投資となることが想定されます。

ここで考えておきたいのが、運用コストです。定期預金の場合、運用コストはかかりませんので、無視しても良いのですが、投資信託で運用する場合には、信託報酬というコストがかかってきます。つまり、投資信託を選ぶ場合には、信託報酬が低いものを選ぶべきということになります。

また、運用益が全額非課税になるということを考えると、利益が出れば出るほど、免除される税金の額も大きくなりますので、期待リターンが大きな運用商品の方が得られるメリットは大きくなります。

iDeCoおすすめの運用先はインデックスファンド

これらを踏まえると、iDeCoには、できるだけ運用コストが低く、比較的大きな利益が狙えるものが向いていると言えます。

これらの条件を満たす運用先は何かと考えてみると、インデックスファンドが浮かんできます。

インデックスファンドは、投資信託の一種ですので、定期預金に比べると大きなリターンが狙えますし、同じ投資信託の一種であるアクティブファンドに比べると、リスクも抑えられます。

特におすすめなのが、株式に投資をするインデックスファンドです。インデックスファンドにも、投資先はいろいろありますが、代表的なのは株式に投資をするインデックスファンドと債券に投資をするインデックスファンドです。株式に投資をするインデックスファンドは、債券に投資をするインデックスファンドに比べ、ハイリスクとなりますが、その分、ハイリターンを狙えます。

運用コストが低いという点と大きな利益が狙えるという点のバランスが取れた商品が、株式インデックスファンドということです。

これまで、株式インデックスファンドを積み立ててきたという方は、iDeCo口座で積み立てていく方が、大きな税制メリットを得られますので、ぜひともうまく活用してみて頂きたいですね。