投資信託には、販売会社(証券会社等)、委託会社(運用会社)、受託会社(信託銀行)という3つの会社が関わっていますが、これらの会社が破綻した場合、その投資信託はどうなってしまうのでしょうか…

実は、これらの会社が破綻しても、投資信託の資産はしっかりと守られます。

販売会社、委託会社、受託会社のいずれかに万が一のことがあった場合でも、投資家の資産は守られるような仕組みになっているのです。

販売会社が破綻した場合

販売会社は、投資信託を販売する会社です。証券会社や銀行が、これにあたります。

販売会社の役割は、投資信託を販売するだけですので、もし、販売会社が破綻してしまった場合でも、投資信託自体には、何の影響もありません。破綻した販売会社で取引をしていた投資信託は、別の販売会社に移管されて、移管先となった販売会社で引き続き取引ができることになります。

委託会社が破綻した場合

委託会社は、投資信託の運用会社のことです。運用会社の役割は、投資信託の運用についての指図をすることです。運用会社が投資信託の資産を管理している訳ではありません。

そのため、運用会社が破綻した場合でも、投資信託の資産には傷が付かないということになります。

ただし、投資信託の運用を行っていた機関がなくなってしまうことになりますので、投資信託の運用が終了してしまう可能性があります。このように、当初予定していた投資信託の運用期間の終了を待たずに運用が終了することを繰上償還と言いますが、繰上償還となると、その時点の基準価額で投資信託が強制的に換金されてしまいます。

繰上償還となった時点で、利益が出ていようが損失が出ていようが強制的に換金されてしまうので、投資信託の基準価額が購入価格を下回っていれば、損失が確定してしまうことになります。

また、運用会社が破綻した場合には、繰上償還の他、他の運用会社に運用が引き継がれることもあります。この場合は、運用会社が変わるだけですので、投資家の資産には、何の影響もありません。

受託会社が破綻した場合

委託会社には、信託銀行が該当します。信託銀行の役割は、投資信託の資産を管理することです。

そのため、信託銀行が破綻してしまうと、投資家の資産もなくなってしまいそうですが、そんなことはありません。信託銀行が破綻しても、投資家の資産はしっかりと守られます。というのも、分別管理と言って、投資信託の資産と信託銀行自身の資産は、分けて管理することが法律で義務付けられているからです。

信託銀行が破たんした場合には、他の信託銀行に資産が移管されるか、その時点での基準価額で投資信託が解約されます。投資信託が解約された場合には、運用会社が破綻した場合と同じように、強制的に利益や損失が確定されますが、資産が戻って来ないということはありません。