ETFの取引方法は、投資信託とは少し異なります。ETFは、投資信託の一種ではありますが、上場投資信託という名前の通り、株式市場に上場している投資信託になります。そのため、ETFの売買方法は、株式と同じと考えておけば問題ありません。

株式の取引経験がある方にとっては、抵抗はないと思いますが、投資信託の取引しかしたことがない方にとっては、少し戸惑ってしまうかもしれません。ということで、ここでは、ETFの取引方法の基礎についてまとめておきます。

ETFが買える場所

投資信託は、証券会社の他、銀行や郵便局等でも購入することができますが、ETFが購入できるのは、証券会社だけです。銀行等では、購入することができないので、ETFの取引がしたい場合は、証券会社に口座を開設する必要があります。

ETFの売買単位

ETFの売買単位は、それぞれの銘柄によって異なります。1口から購入できるものもあれば、10口が売買単位となっているものもありますし、100口が売買単位となっているものもあります。

例えば、売買単位が10口となっているETFの場合、取引価格が1,000円であれば、1,000円×10口=10,000円で購入できることになります。

取引価格は、日々変動しますので、厳密にいくらから購入できるという金額を示すことはできませんが、TOPIXや日経平均に連動したETFであれば、概ね10,000円程度から購入することができます。

ETFの注文方法

投資信託の場合は、ブラインド方式が採用されているため、購入する際には、いくらで購入できるのかが分かりません。解約する際も同様です。投資信託の購入後や解約後に、初めて、いくらで取引が完了したのかが分かります。

しかし、ETFの場合は、こうではありません。ETFは、株式市場に上場されている投資信託になりますので、取引方法も株式と同じで、リアルタイムで値動きを見ながら取引することができます。また、成行注文や指値注文、逆指値注文といったような株式と同じ注文方法で、取引を行うことになります。

成行注文

成行注文とは、いくらで買う、いくらで売るという価格を指定することなく、注文を出す方法のことです。今すぐに取引を完了させたいという場合に使います。売買価格よりも、タイミング重視の注文方法ですね。

成行注文は、すぐに取引を完了させることができますが、いくらで取引が完了するかは分かりません。市場参加者が少なく、流動性が低い市場の場合は、ファンドの価値である基準価額とは、大きく乖離した金額で売買が成立してしまう可能性もありますので、注意が必要です。

指値注文

指値注文とは、いくらで買う、いくらで売るという売買を行う希望の価格を指定する注文方法です。指定した価格まで下がった場合に購入するといった注文や指定した価格まで上がった場合に売却するといった注文を出すことができます。

例えば、現在の取引価格が1,100円のETFの場合、1,000円で買いの指値注文を出すと、ETFの取引価格が1,000円まで下がったら、証券会社の方で、自動的に買い注文が執行されます。これは、ETFを購入する場合の例ですが、指値注文は、ETFを購入する場合だけでなく、売却する場合も使えます。例えば、1,000円で購入したETFに対して、1,100円で売りの指値注文を出しておけば、このETFが1,100円まで値が上がったときに、自動的に売り注文が執行されるといった具合です。

指値注文は、今より有利な価格に値が動いた場合に、売買をしたいというときに使う注文方法ですが、希望の価格に値が動かなかった場合は、売買が成立しません。あまりに現実的ではない価格の指値注文では、いつまで経っても、取引できないということになってしまいます。

逆指値注文

指値注文とよく似た注文方法に、逆指値注文があります。指値注文が、今よりも、有利な方向に値が動いた場合に、売買を成立させる注文方法であったのに対し、逆指値注文は、今よりも、不利な方向に値が動いた場合に、売買を成立させる注文方法です。

例えば、現在の取引価格が1,000円のETFの場合、1,100円で買いの逆指値注文を出しておけば、1,100円まで値が上がったときに買い注文が執行されます。逆に、900円で売りの逆指値注文を出しておけば、900円まで値が下がったときに売りの注文が執行されます。

こんな注文使うことないだろうと思ってしまいがちですが、市場の上昇トレンドに乗って購入する場合や、保有しているETFの損切りや利益確定のために売却する場合に有効です。