ETFは、Exchange Traded Fundの略で、上場投資信託のことです。その名の通り、株式市場に上場された投資信託のことなのですが、ETFは、指数に連動するように運用されることから、株式市場で取引ができるインデックスファンドと考えておけば、間違いありません。

ETFは、インデックスファンドよりも、更に、保有期間中のコストが低いことから、長期保有に向いていて、インデックスファンドで分散投資を行っている投資家に人気の金融商品なのです。

基本的には、投資信託と同じような特徴を持っているETFですが、ところどころ投資信託とは異なる点も見られます。そこを理解しておかなければ、いざETFを購入しようと思ったときに困ってしまいますので、ここでしっかり押さえておきましょう。

ETFの特徴

ETFは、投資信託の一種であることから、基本的には、投資信託と同じような特徴を持っていると考えておけば問題ありません。また、指数に連動した運用成績を目指しているという点は、インデックスファンドと同じです。

ただ、投資信託と異なる点も、いくつか見られます。ということで、ここでは、投資信託と比べた場合のETFのメリットとデメリットについて、まとめておきます。

ETFのメリット

信託報酬が低い

ETFのメリットとして、まず挙げられるのが、信託報酬の低さです。

ETFの手数料として考えられるのは、主に、売買を行う際に支払う売買手数料と保有期間中負担しなければならない信託報酬の2種類ですが、この内、信託報酬は、ETFの方が投資信託よりも低く設定されています。信託報酬が低いというメリットを持つインデックスファンドよりも、更にです。そのため、ETFは、長期投資に向いているとされているのです。

リアルタイムで売買できる

ETFは、投資信託とは異なり、リアルタイムで売買できるという特徴も持っています。

投資信託の場合は、ブラインド方式が導入されていて、基準価額が決定するのは、その日の取引終了後となりますので、リアルタイムで値動きを見ながら売買をするということはできませんが、ETFの場合は、株取引と同じように、値動きをリアルタイムで確認しながら、売買をすることができます。

ETFのデメリット

売買手数料がかかる

ETFのデメリットとしては、まず、売買手数料がかかる点が考えられます。ETFを売買する際には、投資信託のように、販売手数料や信託財産留保額はかかりませんが、代わりに、株式を取引する際と同額の売買手数料がかかります。

ETFの売買手数料は、投資信託の販売手数料と比べると、高くなってしまいます。そもそも、インデックスファンドの場合は、販売手数料がかからないノーロードファンドが当たり前ですので、売買手数料がかかる時点で、ETFの負けです。

そのため、ETFは、長期投資に向いているというメリットを持っている一方で、売買回数が増えるため、積立投資には向いていません。

基準価額より高い価格で購入してしまう可能性がある

ETFには、基準価額と市場価格という2種類の価格があります。基準価額は、投資信託の基準価額と同じです。そのファンドの価値を表したものになります。一方の市場価格は、市場の需要と供給によって決まる価格で、投資家は、この市場価格で、ETFを売買することになります。

市場価格は、市場の状況によって、リアルタイムで変動するため、基準価額よりも高い価格で購入する可能性もあれば、基準価額より低い価格で売却する可能性もあります。逆に、基準価額よりも低い価格で購入できる可能性もありますし、基準価額よりも高い価格で売却できる可能性もありますので、この点においては、一概にデメリットとも言い切れませんが、必ずしも、実際のファンドの価値に見合った価格で売買できる訳ではないということは、頭に入れておきましょう。