投資信託には、保有していると、分配金という形でお金をもらえるものがあります。株で言うところの配当のようなものです。

分配金とは

分配金は、投資信託の分配原資の中から、決算後に支払われる資金のことです。

分配原資は、株式や債券の利子配当収入や株式や債券等の売買による損益に、前期から繰り越された利益等を合計して求められ、分配金は、この分配原資の中から支払われます。

分配原資=配当等収益+有価証券売買等損益+収益調整金+分配準備積立金

普通分配金と元本払戻金

分配金には、普通分配金と元本払戻金(特別分配金)という2種類があります。何がどう違うのかというと、普通分配金には、税金がかかって、元本払戻金には、税金がかからないという違いがあります。

どちらも同じ分配金なのですが、普通分配金になるか元本払戻金になるかは、決算日の基準価額が、個別元本を上回っているか下回っているかによって決まります。

個別元本というのは、それぞれの投資家が投資信託を購入した平均取得価額のことです。つまり、決算日の基準価額が、自分が投資信託を購入した価格を上回っていれば(利益が出ていれば)、普通分配金となり、決算日の基準価額が、自分が投資信託を購入した価格を下回っていれば(損失が出ていれば)、元本払戻金となります。

ということは、同じ金額の分配金が出ても、それが、普通分配金になるか、元本払戻金になるかは、投資家それぞれによって異なるということになります。

なぜ普通分配金は課税されて、元本払戻金は非課税なのかというと、普通分配金は、利益を分配金という形で支払っていて、元本払戻金は、その名の通り、利益ではない元本部分を分配金という形で払い戻しているに過ぎないからです。

ちなみに、自分が受け取った分配金が、普通分配金に該当するか元本払戻金に該当するかは、投資信託の決算後に作成される運用報告書によって確認できます。

普通分配金 分配金を支払った後の基準価額が個別元本を上回っている場合に支払われる分配金で、課税対象となる。
元本払戻金(特別分配金) 分配金を支払った後の基準価額が個別元本を下回っている場合に支払われる分配金で、非課税となる。

分配金がもらえる投資信託ともらえない投資信託

分配金がもらえるかどうかというのは、それぞれの投資信託によって異なります。

分配金を出す投資信託もあれば、一切出さない投資信託もあります。また、年に1回分配金を出す投資信託もあれば、毎月出す投資信託もあります。分配金を出すか出さないか、どれくらいのペースで出すのかというのは、それぞれの投資信託の運用方針次第ということになります。

ここで、注意しておきたいのが、分配金を出す投資信託が必ずしも良い投資信託ではないという点。投資信託の分配金にもメリットとデメリットがあり、分配金が誰にとっても魅力的とは決して言いきれないのです。

投資信託を選ぶ際には、分配金の有無について、必ずチェックしておきましょう。

分配金がもらえるタイミング

分配金は、投資信託の決算が行われた後に受け取ることができます。原則として、決算日から5営業日までに受け取ることができるようになっています。

投資信託の決算日は、それぞれの投資信託によって異なります。年に1回分配金が出る投資信託の場合は、毎年決まった日が決算日となっていますし、毎月分配金が出る投資信託の場合は、毎月決まった日が決算日となっています。

分配金を受け取るには決算日に保有しておく必要がある

分配金を受け取るには、決算日時点で投資信託を保有しておく必要があります。

投資信託は、注文を出してから約定するまでにタイムラグがあるため、分配金目的で投資信託を購入する際には、注意しなければなりません。

国内の資産に投資をする投資信託の場合は、前営業日までに注文しておく必要がありますし、海外の資産に投資をする投資信託の場合は、2営業日前までに注文をしなければなりませんので、頭に入れておくと良いですよ。

分配金は必ずもらえるとは限らない

分配型の投資信託を購入する際に、注意しておかなければならないのが、分配金は、必ずもらえる保証はないという点です。

分配金を出すタイプの投資信託であっても、必ず受け取ることができるという訳ではありません。

分配金を出すかどうか、また、いくら分配するのかというのは、運用会社の方針によります。分配型投資信託の場合、運用成績が良ければ、分配金を出すでしょうが、運用成績が悪ければ、分配金を減額したり、凍結したりすることも十分にあり得ます。

分配型の投資信託を購入する際には、分配金が出ない状況に陥った場合も想定しておいた方が良いでしょう。

分配金が出ると基準価額は減る

分配型の投資信託を購入する際に注意しなければならないのが、分配金を出すと、投資信託の基準価額は下がるという点です。

分配金は、分配原資の中から支払われますが、分配原資も基準価額の一部であるため、分配金によって分配原資が減るということは、基準価額が減ることに直結します。

基準価額は、いわば、投資信託の価値ですので、分配金が出ていくということは、それだけ投資信託の価値が下がっていくということです。分配金を出しても、分配金以上の運用成績を上げていれば、基準価額が下がることはないのですが、基準価額や純資産額が減り続けている投資信託には要注意です。分配型投資信託の場合は、特に、基準価額や純資産額を定期的にチェックしておくようにしましょう。